文化遺産オンライン

達磨図

だるまず

概要

達磨図

だるまず

日本画

狩野友信  (天保14年(1843)~明治45年(1912))

かのうとものぶ

内寸109.0㎝×62.4㎝ 外寸209.8㎝×78.5㎝

一幅

伊藤家愛蔵品。鋭く気魄に満ちた筆さばきで、達磨の表情を見事にとらえた禅画。何事にも動じない達磨の存在感が伝わってくる。達磨のモデルは中国禅宗の始祖・達磨大師。古くから「魔除厄除」「開運招福」の縁起物とされてきた。画面右下には、「今年六十六歳友信」の墨署に「狩野」朱文壺形印を捺す。友信は江戸浜町の狩野家九代当主。十四代将軍徳川家茂の奥絵師。東洋美術史家フェノロサの研究協力者。明治24年東京美術学校(現・東京芸術大学)助教授。

達磨図をもっと見る

狩野友信をもっと見る

伊藤公資料館をもっと見る

キーワード

達磨 / 狩野 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索