裸婦 らふ

絵画  油彩画 / 昭和以降 / 日本 

佐分真 (1898-1936年)
さぶりまこと
1930年頃
画布,油彩
80.3 x 60.6cm

 1915年上京し川端画学校に学んだ。東京美術学校を卒業後第5回帝展に初入選し、愛知県出身の美術家たちが結成した愛知社に加わり、白日会会員としても活躍した。1927年から1932年まで二度に渡り渡仏し、リアリズムに立脚した堅実な画風を築いた。帰国後帝展特選を受け、有力な新人として注目されたが、1935年の帝展美術院改組の際には第二部会に参加せず、光風会も脱退した。

作品所在地の地図

関連リンク

裸婦チェックした作品をもとに関連する作品を探す

横たわる裸婦
横たわる裸婦

佐分真

風景(ムードンからの眺望)
ステッキの老人
印度の女
印度の女

佐分真

アパッシュ・シャルボニエ
ページトップへ