松図襖 まつずふすま

絵画  日本画 / 江戸 / 日本 

江戸時代前期
紙本金地着色
(各面)縦185.0cm 横139.0cm
4面

寛永十二年(1643)、尾張藩祖徳川義直が、生母相応院追善のために建てた相応寺に伝来した襖絵である。桃山時代の巨木表現を受継ぎながらも、量 塊感よりは大画面構成のこなれた巧みさを感じさせる。狩野派の第一級の画家によるものと思われるが、作者名は伝わっていない。相応院が生前住んでいた駿河御殿より移されたものとの伝承もある。

作品所在地の地図

関連リンク

松図襖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松図襖
松図襖

狩野尚信

黒書院牡丹の間東貼付南より14
黒書院牡丹の間東貼付南より13
遊楽図屏風(相応寺屏風)
黒書院牡丹の間東貼付南より11
ページトップへ