『古代史』より「オイディプスとスフィンクス」

版画  リトグラフ(石版画) / ヨーロッパ 

ドーミエ、オノレ (1808-1879)
1842年
リトグラフ・紙
33.2×24.6
額装

 この作品の構図は、新古典主義者アングルの同じ主題の油彩画を踏襲している。西欧文明の理想であった古代のイメージ一般のみならず、そうした理想像を模範とした、同時代の具体的な営みも含めて諷刺の標的とされているのだ。
 しかしそのような文脈をおいても、ここでは、クレヨンによる微妙な諧調をよく再現できるリトグラフィーの特性を生かした柔軟な形態の練り上げが眼目であろう。とくに、闇の濃密さは、柔らかさこそが高い密度につながることを物語っている。
 他方、諷刺という意図は、描画とまったく無関係なわけでもない。理想主義的な自己完結した人間像は破壊されて、開かれた形象として、全体に連続し、またそこから浮かび上がる。 (石崎勝基)

作品所在地の地図

関連リンク

『古代史』より「オイディプスとスフィンクス」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

コンポジション
コンポジション

三岸好太郎

『古代史』より「うるわしのナルキッソス」
豊穣な恵み
豊穣な恵み

フラゴナール、ジャン=オノレ

小川のある森の風景
小川のある森の風景

ロラン、クロード(クロード・ジュレ)

スフィンクス橋の眺め
スフィンクス橋の眺め

ロベール、ユベール

ページトップへ