瑜伽師地論 巻第六十一 ゆがしじろん かんだいろくじゅういち

文書・書籍 / 奈良 / 日本 

舎人国足
とねりのくにたり
奈良時代(天平16歳次甲申.3.15)/744
折本装
23.6×8.0(一紙幅56.7)
1
香川県高松市
奥書「天平十六年歳次甲申三月十五日 讃岐国山田郡舎人国足」。重要美術品(昭和17年12月16日指定)。一紙30行、一行17字。墨界(19.1×1.8)。白書交合、白点(仮名点・ヲコト点・第三種点:平安時代前期)、朱句切点
香川県立ミュージアム

天平16年(744)、讃岐国山田郡の舎人国足が発願し書き写した経典である。瑜伽師地論は仏道修行者の心得などを説く経典で、100巻からなる。平安時代に、石山寺に集められ伝来した。

作品所在地の地図

関連リンク

瑜伽師地論 巻第六十一チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瑜伽師地論 巻第八十九(舎人国足願経)
瑜伽師地論巻第六十五
写経断簡「瑜伽師地論(巻第二十八)」
大智度経論巻第六十九
瑜伽師地論巻第二十一(行信願経)
ページトップへ