妙法蓮華経玄賛巻第六 みょうほうれんげきょうげんさんまきのだいろく

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 平安 / 関東 

東京都
平安時代
巻子装、本紙寸法27.6㎝×1978.3㎝
1巻
東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:
国宝指定年月日:
登録年月日:20140616
登録美術品

 妙法蓮華経玄賛は唐の慈恩大師基(632~682)の撰で、妙法蓮華経を法相宗の立場から注釈したものである。巻第六は譬喩品の終わり三分の一と信解品の初め半分とを収める。
 本作品は平安時代初期に書写された古写本で、謹厳な楷書で書写されている。全文にわたり、訓読するための白点3種、朱点1種の訓点が施され、黄書により文字の訂正がある。白点のうちの1種は石山内供 淳祐(890~953)によるものと推定されており、3種とも訓点が施された時期は平安時代中期、天暦年間(947~957)頃とされる。淳祐加点と推定される白点は、全文にわたり極めて稠密に施され、現在でも鮮明である。朱点の加点時期は白点より多少下り、11世紀頃とみられる。また、本作品は元の姿をよく残し、貴重である。
 本作品は石山寺旧蔵であるが、全10巻本のうち巻第三と当該巻第六が現存している。巻第三は重要文化財「石山寺一切経」(石山寺所蔵)に含まれている。
 なお、本作品一紙目の紙背には「元興/寺□(※一字欠)」朱複廓円印が1顆あり、石山寺に蔵せられる以前、元興寺の所蔵であったことが判明する。
 本作品は、伝来が明確であり、また平安時代中期の代表的な訓点資料として、これまでに多くの研究が公表されているものである。精細な加点資料の少ない平安時代中期の訓点資料として、国語学の研究上に高い学術的価値を有する。

作品所在地の地図

関連リンク

妙法蓮華経玄賛巻第六チェックした作品をもとに関連する作品を探す

妙法蓮華経巻第一至巻第八
説一切有部倶舎論巻第二
大乗掌珍論 巻上残巻
妙法蓮華経 嘱累品第二十二(一字蓮台法華経)
妙法蓮華経 如来神力品第二十一(一字蓮台法華経)
ページトップへ