妙法蓮華経 嘱累品第二十二(一字蓮台法華経) ミョウホウレンゲキョウ ゾクルイボンダイ22(イチジレンダイホケキョウ)

 / 平安 

制作地:日本
平安
彩牋墨書
縦 29 cm 横 66.5 cm
1巻
重要文化財

一字を一仏にみたて、彩色を施した蓮台の上に経文を一字ずつ乗せて書写した法華経。福島県の龍興寺の法華経九巻(開結共、巻第六欠)と一具のもので、平安時代後期に書写されたと考えられている。銀泥の界線をひき、蓮弁は、緑青・群青・朱・黄泥・金泥・銀泥などで彩色する。

作品所在地の地図

関連リンク

妙法蓮華経 嘱累品第二十二(一字蓮台法華経)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

妙法蓮華経 如来神力品第二十一(一字蓮台法華経)
華厳経 巻第七十
法華経 巻第一
無量義経・観普賢経
大般若経 巻第四百六十(中尊寺経)
ページトップへ