大乗掌珍論 巻上残巻 だいじょうしょうちんろん

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 奈良 / 日本 

日本
奈良時代
紙本墨書
高37.9㎝ 長483.3㎝
一巻
東京都港区南青山6-5-19
根津美術館
重要文化財

法隆寺一切経中の一巻をなし、巻首一紙半の本文を欠くが、現在は十六紙が存し、末尾に「大乗掌珎論巻上」と記す。料紙は白質の斐紙を用い、その俊勁な書風から奈良時代末期の書写と思われる。本文の全面にわたって白書の註記と、白書朱書の訓点があり、紙背にも朱白二様の註記がある。これらの註記は奥書により承和元年(834)、嘉祥2年(849)をはじめとする時期に施されたものであることが知られ、訓点研究上重要な資料を提供する。巻末と紙背に「法隆寺/一切經」の墨方印を捺す。

作品所在地の地図

関連リンク

大乗掌珍論 巻上残巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

順正理論 巻第六残巻
順正理論 巻第六残巻

「中臣之寺」の朱印あり

妙法蓮華経巻第一至巻第八
大乗掌珍論〈巻上残巻/〉
続華厳経略疏刊定記巻第五
大威徳陀羅尼経 巻第八(法隆寺一切経)
ページトップへ