文化遺産オンライン

楼閣人物図螺鈿桃形食籠

ろうかくじんぶつずらでんももがたじきろう

作品概要

楼閣人物図螺鈿桃形食籠

ろうかくじんぶつずらでんももがたじきろう

漆工 / 工芸品 / / 中国

明/16世紀

高20.0 径41.3

一合

極めて細かな貝を用いた精巧な螺鈿の食籠である。桃形の姿も珍しい。蓋表をはじめ、蓋と身の甲盛り部分に楼閣人物を配し、立ち上り部分には木瓜文、高台部分には雷文繋などの文様で飾っている。こうした螺鈿の器物は、室町時代に青磁・彫漆などとともに、「唐物」として非常に珍重され、座敷を飾る道具として用いられた。

関連作品

チェックした関連作品の検索