楼閣人物図螺鈿桃形食籠 ろうかくじんぶつずらでんももがたじきろう

工芸  漆工 /  / 中国 

明/16世紀
高20.0 径41.3
一合

極めて細かな貝を用いた精巧な螺鈿の食籠である。桃形の姿も珍しい。蓋表をはじめ、蓋と身の甲盛り部分に楼閣人物を配し、立ち上り部分には木瓜文、高台部分には雷文繋などの文様で飾っている。こうした螺鈿の器物は、室町時代に青磁・彫漆などとともに、「唐物」として非常に珍重され、座敷を飾る道具として用いられた。

作品所在地の地図

関連リンク

楼閣人物図螺鈿桃形食籠チェックした作品をもとに関連する作品を探す

人物螺鈿印箱
楼閣山水人物螺鈿食籠
螺鈿楼閣人物文稜花形大食籠
雲龍文存星輪花食龍
扇面鳥兜螺鈿蒔絵料紙箱
ページトップへ