銅鏡片 どうきょうへん

金属製品類 / 弥生 / 大分県 

大分市尼ヶ城遺跡
弥生時代/3世紀
青銅
縦3.5×横6.5㎝
1点
大分市教育委員会

弥生時代の環濠集落の住居跡から出土した、ペンダント風に加工された中国後漢時代の銅鏡(方規格矩鏡)片。同様な鏡片は大分市の雄城台遺跡、守岡遺跡などでも出土しており、地域間連合の象徴を意味したものではとする説もある。

作品所在地の地図

関連リンク

銅鏡片チェックした作品をもとに関連する作品を探す

郷ノ木遺跡出土小形仿製鏡
桜馬場遺跡出土遺物(平成19年度調査分)
茂手遺跡出土有鉤釧形銅製品
大分県丹生川遺跡出土品
午王山遺跡出土品
ページトップへ