New Moon

Details

New Moon

Japanese paintings

KAWAI, Gyokudo (1873-1957)

カワイ、ギョクドウ

明治40年/1907

sumi and color on silk, hanging scroll

86.4×139.0

signed and sealed l.r.

The Tokyo Industrial Exhibition, 1907


川合玉堂(1873−1957)
KAWAI,Gyokudo
二日月
New Moon
1907(明治40)年

はじめ京都で四条派を、のち東京で橋本雅邦に狩野派の画風を学んだ玉堂は、両者の描法を生かしながら、温和な日本の風景を描いた。横山大観や菱田春草らが朦朧(もうろう)体とよばれる没線描法を試み、新しい日本画の創出をめざしていた日本美術院にあって、玉堂があくまで狩野派の伝統をふまえた線描を基本としていたことは、この作品からも見て取れる。その上で部分的ににじみも生かしながら情感ある四条派の画風を折り込んで、秋のタ幕れの澄んだ空気を活写しているのである。東京勧業博覧会に出品され、一等賞を受賞した。

Related Works

Search items related to work chosen