顕如書状 けんにょしょじょう

安土・桃山 

顕如光佐 (1543~1592)
けんにょこうさ
桃山/1581
紙本墨書
17.5×51.0
1巻
岸和田市

紀伊国鷺森にいた本願寺門主顕如から、織田信長家臣蜂屋頼隆に宛てた書状で、内容は、頼隆の岸和田入城を祝うとともに、門徒の本願寺参詣の安全保障を求めている。年代が明記されていないが、内容から天正9(1581)年のものと推定でき、蜂屋頼隆の岸和田入城年代が判明する。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 岸和田市立郷土資料館

顕如書状チェックした作品をもとに関連する作品を探す

教如像
紙本墨書六字名号 天正13年顕如裏書
寺町通隆書状(国分家文書)
木造十二神将立像
片桐且元の書状
片桐且元の書状

片桐且元

ページトップへ