教如像 きょうにょぞう

歴史資料  文書・書籍 / 江戸 / 日本  近畿 

江戸時代前期
紙本墨書
縦95.4cm,横39.5cm
1幅

 浄土真宗大谷派本願寺第12世教如(1558~1614)は、本願寺第11世顕如(1543~92)の長子として生まれた。天正8年(1580)、石山本願寺と織田信長が戦った石山合戦の和議が成立した際に、顕如が紀州・鷺森(現・和歌山市)に退去したのに対して、教如は石山に籠城して抗戦を続けた。5か月のちに教如も紀州に退くが、この行動の違いが後の本願寺分裂の遠因となった。教如の画像としては、大阪・延徳寺本などが知られるが、本図もそれに続く時期のものと思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

教如像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本著色良慶上人像
錦絵 石山本願寺合戦
太閤記 石山大合戦之図
石山合戦配陣図
蓮如像
蓮如像

 

ページトップへ