蓮如像 れんにょぞう

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

 
江戸時代後期/1823
紙本著色
縦70.0cm,横48.0cm
1幅

 浄土真宗本願寺第8世の蓮如(1415~99)は門弟に、親鸞と蓮如の連座像や自身の寿像を与え、勢力の拡大を図っているが、連座像としては京都・西法寺本や西本願寺本など、単独像としては、大阪・光善寺本や慈願寺本などが知られる。当館所蔵のこの資料は単独の肖像で、裏書によると、文政6年(1823)に西本願寺第19世・本如(1778~1826)が、真宗興正寺派の末寺であった長門国阿武郡萩(現・萩市)の清光寺に与えたものである。面容や左手のみに数珠を持つ点など、上述した事例とはやや異なる点がみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

蓮如像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色親鸞聖人像 附 裏書
教如像
絹本著色本願寺三上人像 附桐箱
絹本著色親鸞聖人絵伝
役行者像
ページトップへ