文化遺産オンライン

役行者像

えんのぎょうじゃぞう

概要

役行者像

えんのぎょうじゃぞう

日本画 / 絵画 / 室町 / 日本 / 近畿

 

室町時代後期

絹本著色

縦81.2cm,横32.7cm

1幅

 修験道の祖とされる役行者(役小角)の画像としては古い資料は少なく、元徳3年(1331)銘を持つ日光・輪王寺本や室町時代の根津美術館本が知られているが、本図はそれらに続く時期の資料である。根津美術館本と構図は類似しており、頭巾を被り、衲衣の上に袈裟をつけ、その上に葛衣をまとって、従者の前鬼・後鬼を伴う。ただ、根津美術館本が左手に杖、右手に独鈷を持つのに対して、本図では左手に数珠、右手に独鈷を持ち、杖は前鬼が持つ点が異なる。

役行者像をもっと見る

 をもっと見る

和歌山県立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 絹本 / 右手

関連作品

チェックした関連作品の検索