弘法大師像(乙本) こうぼうだいしぞう

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

 
江戸時代前期
絹本著色
縦71.2cm,横37.8cm
1幅

 弘法大師空海(774~816)の画像の多くは、椅子式の牀座に坐し、右手は掌を反転して五鈷杵を執り、左手は掌を上にして数珠を執る姿で、牀座の傍らに水瓶と木履を配する構図(真如様・八祖様)であり、本品も同様である。数珠・水瓶・木履を白く描き、輪郭線にやや太い濃墨線が用いられているのは、やや特徴的な点である。

作品所在地の地図

関連リンク

弘法大師像(乙本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色弘法大師画像
金剛薩埵像
毘沙門天図像
絹本著色唐太宗花鳥図〈小田野直武筆/〉
役行者像
ページトップへ