佐竹義昭書状(国分家文書) さたけよしあきしょじょう

歴史資料  文書・書籍 / 日本 

1

「源義昭」(佐竹義昭)から「白河殿」(白川晴綱カ)への書状。佐竹・白川両氏の関係は、義昭の時代には敵対関係にあったことが多かったようで、白川氏は芦名氏と結んで北上する佐竹勢と対決した。とくにこの関係がはっきりするのは、永禄三(1560)年以降のことで、この文書はそれ以前ものと考えられる。日付は「小春廿八日」(十月二十八日)。形態は切紙。

作品所在地の地図

関連リンク

佐竹義昭書状(国分家文書)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

北条氏康書状(国分家文書)
田村清顕書状(国分家文書)
梶原政景書状案(国分家文書)
蒲生氏郷書状(国分家文書)
小早川家文書(三百六通)
ページトップへ