錦絵「豊後緒方の鼻祖、華の本」 にしえ「ぶんごおがたのしゅうそ、はなのもと」

木版画 / 江戸 / 日本 

歌川国芳画
うたがわくによし
江戸時代後期
木版多色摺り
縦35.5×横24.6㎝

源平の内乱で活躍した豊後の武士、緒方惟栄の先祖にまつわる伝承を題材に歌川国芳が描いたもの。『源平盛衰記』によれば、惟栄は姥嶽大明神という蛇神と花御本という娘との間に生まれた大太こと、大神惟基の五代孫とある。本図は、この惟基にまつわる伝説をも描かた作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

錦絵「豊後緒方の鼻祖、華の本」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太平記拾遺、大友侍従義統
錦絵「日向国 三国峠進撃之図」
錦絵「豊後鶴崎戦争」
大日本六十余将之内、豊後大友刑部大輔氏時
三顧一遇図
ページトップへ