錦絵「豊後鶴崎戦争」 にしきえ「ぶんごつるさきせんそう」

その他の画像全4枚中4枚表示

木版画 / 明治 / 大分県 

永島孟斎画
ながしまもうさい
明治時代
木版多色刷り
縦35.5×横71.5cm
3枚1組

豊後鶴崎(現大分市鶴崎町)での西南戦争の戦いを描いた錦絵。大山巌少将率いる政府軍と、村田新八郎の妻「伊尾」ら女性たちの扮する薩軍との激しい戦いの様子が描かれている。鶴崎では、明治10年(1877)5月16日、鎌田雄一を隊長とする薩軍が、同地に駐留する東京警視隊二個小隊を襲撃する事件が起きており、これを題材に描かれたものとみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

錦絵「豊後鶴崎戦争」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

錦絵「日向国 三国峠進撃之図」
薩州鹿児嶋大進撃之図
西郷隆盛首実検之図
東京日々新聞 山口県下賊徒追討図
九州小倉合戦図
ページトップへ