薙刀銘堀井正次 なぎなためいほりいまさつぐ

その他 / 江戸 / 北海道 

堀井正次
ほりいまさつぐ
北海道
江戸時代
長さ80.6㎝、反り1.4㎝、目くぎ穴1
1
松前町郷土資料館 松前町字神明
松前町郷土資料館で展示、松城バス停より徒歩15分、松前町教育委員会 0139-42-3060。
松前町
北海道指定有形文化財

・この薙刀は、長さ80.6センチメートル、反り1.4センチメートル、目くぎ穴1個で、中子銘文には、松前藩剣術指南役(直心影流)佐藤男破魔唯則が、松前城下来遊中の近江大津の刀鍛冶堀井源正次に依頼して、万延2年(1861)に松前城下にて製作したものと記されています。
・蝦夷地における刀剣の作刀例は極めて少なく、この薙刀は、北海道における美術工芸史上貴重なものといえます。
「銘文」(表)應佐藤男破魔唯則需、平安城住堀井源正次、松前城下造之 (裏)萬延二年辛酉年二月吉日

関連リンク

薙刀銘堀井正次チェックした作品をもとに関連する作品を探す

求福山山車の人形とその他附属品
松前屏風
松前屏風

小玉貞良

松前神楽
木造阿弥陀如来立像
徳山大神宮
ページトップへ