松ヶ岡開墾場 まつがおかかいこんじょう

史跡 / 東北 

山形県
鶴岡市
指定年月日:19890811
管理団体名:鶴岡市(平9・2・19)
史跡名勝天然記念物

 戊辰戦争で降伏した荘内藩(明治二年〔一八六九〕大泉藩と改称)は、明治四年(一八七一)に廃藩を迎え、大泉県についで酒田県(第二次)となった(明治九年山形県に編入)。旧藩家老で酒田県権大参事の[[菅]すげ]實秀は、藩の存続に力を寄せた西郷隆盛にもはかり、家禄の減少で生活に困窮する旧藩士族の救済や殖産を目的として、鶴岡東郊で大規模な開墾事業を計画した。翌五年四月、手始めに旧藩士三六〇人を六組に編成して鶴岡東郊の荒蕪地三万坪を一か月余りで開墾した。その後、月山山麓後田村の広大な山林の開墾をねらい、旧家老で酒田県大参事の松平親懐や菅實秀ら旧藩・酒田県幹部を代表として、旧藩士卒約三、〇〇〇人を三四組に編成し、八月から一〇〇余町歩の開墾に着手した。士卒は銃・刀を鍬に持ちかえ、苦労のすえわずか五八日余で全域の竣工を迎えたが、困難を伴う作業の中で脱落する者も少なくなかった。開墾の本部として、開墾地内の経塚北麓に藤島村の旧本陣の建物を移築し、集会所・事務所とした。旧藩主の酒井忠發も開墾地を訪れ、経塚に登って「松ヶ岡」の榜を自筆し立て、以後「松ヶ岡」が開墾地の名称となった。翌六年からは茶の栽培・桑園開発をはじめるとともに、さらに二〇四町歩に及ぶ広大な山林荒蕪地の開墾をなしとげ、開墾は軌道に乗りはじめる。明治七年(一八七四)には新政府太政官から賞状・慰労金の下賜があったが、一方旧税法反対の農民運動として著名なわっぱ騒動では、開墾に投入された旧税返還も要求され、苦境を迎えている。七年末からは本陣東側で蚕室の建設にとりかかり、鶴岡城の屋根瓦を運搬して上州方式の三階建て蚕室…

作品所在地の地図

関連リンク

松ヶ岡開墾場チェックした作品をもとに関連する作品を探す

庄内藩ハママシケ陣屋跡
總光寺庭園
革嶋家文書(二千四百五十九通)
富岡鉄斎所用筆一揃
絹本著色不忍池図〈小田野直武筆/〉
ページトップへ