三溪園 さんけいえん

名勝 / 明治  大正  昭和以降 / 関東 

神奈川県
近代
横浜市中区本牧三之谷、本牧間門
指定年月日:20070206
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

横浜市東南部に所在する三溪園は、丘陵と谷で形成される変化に富んだ地形を持ち、面積は約18haに及ぶ。三溪園を造営した原富太郎(1868〜1939)は近代横浜随一の実業家で、三溪と号し、数寄者としても知られた。三溪園の敷地の一部は、富太郎の妻の祖父で幕末から明治時代にかけての横浜の豪商原善三郎(1827〜1899)が明治初頭に入手していたもので、三溪は明治32年(1899)の家督相続後、土地を買足しながら、自らの構想で三溪園の造営を開始。同35年には鶴翔閣を新築し、旧天瑞寺寿塔覆堂や茶室寒月庵等の移築に着手している。同38年には配下の庭師を庭園視察のため関西方面に派遣しており、この時期、造園工事は佳境に入っていたものと見られる。現在の外苑部分が一定の整備を終えたのは同39年のことで、同年5月から三溪の意向により一般に公開された。この時期、私園である三溪園の公開は画期的な試みとして特筆される。開園後も古建築の移築などの造営は続き、明治40年には、旧東慶寺仏殿を鎌倉から移築するとともに、川崎の小向などからの梅林の移植を終えている。同42年には三溪園に居を移し、大正3年(1914)には旧燈明寺の三重塔を大池西の丘陵上に移築して全園のランドマークとし、外苑を完成させた。同4年には、私的空間としての内苑の造営に着手。池や渓流の整備を進めながら、同5年には天授院、同6年には紀州藩巌出御殿の遺構と伝える臨春閣、同7年には月華殿と春草廬の移築を行い、同9年には白雲邸を新築するなど、着々と整備を進めた。内苑の造営は大正11年の聴秋閣の移築をもって完了し、翌年に…

作品所在地の地図

関連リンク

三溪園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

相楽園
天授院
旧岩船氏庭園(香雪園)
本間氏別邸庭園(鶴舞園)
出湯
出湯

小林古径筆

ページトップへ