正司家住宅洋館 しょうじけじゅうたくようかん

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 大正 / 近畿 

兵庫県
大正/1919頃
木造2階一部地下1階建、瓦葺、建築面積251㎡
1棟
兵庫県宝塚市雲雀丘2-5-22
登録年月日:20051110
登録有形文化財(建造物)

阪急宝塚線沿線の住宅地に建つ和館洋館併存住宅の洋館。斜面地で南側一部に地階を設けた木造2階建で,ベル形ドーム屋根や袴腰形屋根,軒下のタイル市松模様張など大正期特有のジャーマンセセッションの秀作。設計は宝塚ホテルなどを手がけた古塚正治。

作品所在地の地図

関連リンク

正司家住宅洋館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

正司家住宅和館
旧高碕家住宅主屋(高碕記念館)
日下家住宅主屋
山田家住宅主屋
髙添家住宅洋館
ページトップへ