大乗寺鐘楼 だいじょうじしょうろう

宗教建築 / 江戸 / 中国・四国 

山口県
江戸/1858/2007移築
木造2階建、瓦葺、建築面積17㎡
1棟
山口県下関市長府金屋町17
登録年月日:20080418
宗教法人大乗寺
登録有形文化財(建造物)

山門の北方に位置する。南北棟、入母屋造本瓦葺、桁行1間梁間1間の袴腰付鐘楼で、柱は粽付円柱、組物は出組、軒は二軒繁垂木とし、四周に跳高欄をまわす。寺所蔵の建地割図から「安政五年九月 笹井要蔵」が判明。山門とともに旧山陽道の歴史的景観を伝える。

作品所在地の地図

関連リンク

大乗寺鐘楼チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大乗寺山門
善通寺鐘楼
蓮教寺鐘楼
保福寺の山門と鐘楼
本願寺四日市別院鐘楼
ページトップへ