保福寺の山門と鐘楼 ほうふくじのさんもんとしょうろう

その他の画像全6枚中6枚表示

建造物 / 中部 

山梨県
江戸末期/1865
山門:四脚門、組物出組詰組中備間斗束蟇股、妻虹梁大瓶束、二軒繁垂木、切妻造、正面軒唐破風付、銅瓦葺。 鐘楼:袴腰、組物三手先中備間斗束、腰組四手先、二軒繁垂木、入母屋造…
山門は、平面の桁行3.32m、梁間3.32m、高さは軒高7.26m、軒出1.49mである。鐘楼は、平面三間側面二間で、高さは軒高5.32m、棟高8.52m、軒出1.60mである。
2棟
山梨県上野原市上野原3400番地
上野原市指定
指定年月日:20151222
保福寺
有形文化財(建造物)

附 山門扁額1面、山門棟札1枚、両脇塀2棟、鐘楼再建古図1枚

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

保福寺の山門と鐘楼チェックした作品をもとに関連する作品を探す

照林坊山門
方広寺山門
笠覆寺 鐘楼
方広寺鐘楼
覚王寺鐘楼
ページトップへ