文化遺産オンライン

本覚寺鐘楼

ほんがくじしょうろう

作品概要

本覚寺鐘楼

ほんがくじしょうろう

宗教建築 / 昭和以降 / 関東

神奈川県

昭和前/1931

木造、瓦葺、面積12㎡

1棟

神奈川県鎌倉市小町一丁目302-1

登録年月日:20221031

登録有形文化財(建造物)

本堂の北東に位置する鐘楼。桁行一間、梁間一間、入母屋造桟瓦葺で石積基壇上に建つ。四隅の円柱を腰貫、飛貫、虹梁型頭貫で固め、上部は干支透彫欄間で飾る。組物は出組で軒は二軒繁垂木。関東大震災後の再建で、寺院の歴史的景観をつくる装飾豊富な鐘楼。

本覚寺鐘楼をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

鐘楼 / / 貫る / 固める

関連作品

チェックした関連作品の検索