真宗大谷派四日市別院本堂 しんしゅうおおたにはよっかいちべついんほんどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 明治 / 九州 

大分県
明治/1880
木造平屋建、瓦葺、建築面積1086㎡
1棟
大分県宇佐市大字四日市字寺町1425-1
登録年月日:20090807
宗教法人真宗大谷派四日市別院
登録有形文化財(建造物)

境内後方の中央に東面して建つ。桁行28m梁間25m、周囲に軒支柱を建て、三間向拝を付ける。入母屋造とし、平側を本瓦葺、妻側を桟瓦葺とする。真宗本堂の特徴的な平面になり、内陣まわりを漆や彩画、彫物などで飾る。九州における最大級の真宗本堂である。

作品所在地の地図

関連リンク

真宗大谷派四日市別院本堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

本願寺四日市別院本堂
真宗大谷派四日市別院太鼓楼
真宗大谷派四日市別院経蔵
安楽寺本堂
聖興寺本堂
ページトップへ