一宮神社本殿 いちのみやじんじゃほんでん

宗教建築 / 江戸 / 中国・四国 

徳島県
江戸前期/1630
三間社流造、正面千鳥破風付、向拝一間、唐破風造、銅板葺
1棟
徳島県徳島市一宮町西丁
重文指定年月日:19930420
国宝指定年月日:
一宮神社
重要文化財

一宮神社は、徳島市の南西部に位置し、江戸時代には四国八十八所霊場の札所で神仏習合の「一宮大明神」として庶民信仰をあつめた。
 本殿は、寛永七年(一六三〇)建築の三間社流造で、正面に千鳥破風と向唐破風造の向拝をもうける点に特徴があり、要所の彫刻に極彩色をほどこすなど華やかな意匠をもち、徳島県下で江戸時代前期まで建築年代が遡る数少ない大型の神社本殿として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

一宮神社本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大矢田神社 本殿
岩木山神社 本殿
大矢田神社 拝殿
霧島神宮 本殿・幣殿・拝殿
宇志比古神社本殿
ページトップへ