古要神社の傀儡子の舞と相撲 こようじんぎゃのくぐつのまいとすもう

無形民俗文化財 / 九州 

大分県
指定年月日:19830111
保護団体名:古要傀儡子保存会
備考:
重要無形民俗文化財

 三人遣いの人形芝居として知られる人形浄瑠璃文楽を頂点とする日本の人形戯の伝統は、全国各地にその発展過程を暗示させる諸形態の人形戯を残存させてきているが、これらの中でも奈良・平安時代から活躍をはじめている傀儡子は、日本の人形戯の源流として注目されている。この源流をうかがわせる傀儡子系の人形戯が、いまも大分県の古要神社と福岡県の八幡古表神社に伝承されており、日本の芸能史の上で極めて貴重な存在となっているので、これを重要無形民俗文化財に指定し、その保存をはかる。
 古く宇佐八幡宮の放生会が和間の浜の浮殿で執行されていた時、宇佐八幡宮の末社である古表、古要の両社からそれぞれ傀儡子を船に乗せ、海上から浮殿に向かって傀儡子の舞を奉納したといわれている。応永二十七(一四二〇)年、元和(一六一七)年に放生会が復活されているが、その後は打ち切りとなり、現在は古要神社の単独の行事として伝承されてきている。開催は旧暦閏年の新暦十月十二日の夜であり、海に出る放生会の御神幸は行われていない。古要神社の傀儡子の舞と相撲は、本殿と拝殿の間にある申殿【もうしでん】で行われる。
 福岡県の八幡古表神社のものと同じく傀儡人形は、神像型人形と相撲型人形に分けられ、前者は古要舞あるいは細男舞、神舞などと呼ばれる舞を演じ、後者は古要相撲とか神相撲と呼ばれる演技を見せる。
 神像型人形は男神と女神に分かれるが、いずれも一木造りで、胴体の下部が細くなり、遣い手はその部分を握って人形を遣う。両手は肩先に釘で取りつけられ、その両手に紐をつけて引っ張ることによって両手を上下に動かすことが…

作品所在地の地図

関連リンク

古要神社の傀儡子の舞と相撲チェックした作品をもとに関連する作品を探す

八幡古表神社の傀儡子の舞と相撲
細男舞・神相撲
傀儡子
傀儡子
古要神社の傀儡子
ページトップへ