里内家住宅主屋 さとうちけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 明治 / 近畿 

滋賀県
明治/1872頃
木造平屋建一部2階建,瓦葺,建築面積202㎡
1棟
滋賀県栗東市手原3-4-31
登録年月日:19980902
登録有形文化財(建造物)

呉服商を営んだ家で,旧東海道に面して屋敷を構える。主屋は,接道して建つ町家で,2階を低く押さえた外観など,明治初期の町家の特徴をよくそなえる。庇を正面から西側面に矩の手にまわし,上部に雨除けの小庇を設けるなど妻の意匠に工夫がみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

里内家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

里内家住宅中蔵
里内家住宅北蔵
川崎睦男家住宅主屋
成宮家住宅主屋
川崎光雄家住宅主屋
ページトップへ