藤原定家自筆書状〈九月廿二日/〉 ふじわらのさだいえじひつしょじょう

その他の美術 / 鎌倉 / 中部 

藤原定家
愛知県
鎌倉
1幅
徳川美術館 愛知県名古屋市東区徳川町1017
重文指定年月日:19700525
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人徳川黎明会
国宝・重要文化財(美術品)

歌人として有名な藤原定家(一一六二~一二四一)の自筆書状で、建保六年(一二一八)九月延暦寺と石清水八幡宮との間に起こった争いに関して、山門衆徒が神輿を動座して嗷訴【ごうそ】したことに対する院の評定の結果を知らせたもの。時に定家は正二位参議民部卿、年は五十七歳であった。本文二十五行、定家の書状として出色であるとともに、史料としても注目される。

作品所在地の地図

関連リンク

藤原定家自筆書状〈九月廿二日/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

藤原定家書状  「山門状」
長秋記〈大治四年八・九月、天承元年正・二・三月/藤原定家書写〉
明月記〈自筆本/〉
明月記〈自筆本/天福元年六月記〉
古今和歌集〈藤原定家筆/〉
ページトップへ