宴曲 えんきょく

 / 南北朝  室町 / 近畿 

南北朝~室町
重文指定年月日:20050609
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人冷泉家時雨亭文庫
国宝・重要文化財(美術品)

 宴曲は早歌【そうか】とも呼ばれるもので、平安時代後期から室町時代末期ころまで歌い続けられ、その後途絶えてしまった歌謡である。武家を中心に流行した宴席の謡いもので、白拍子の系統を引き、天台声明【しょうみょう】の節回しを取り入れ、多くは七五調でつづられている。歌詞、曲節ともに謡曲の先駆をなしたものである。
 この宴曲を集大成した人物は明空【みょうくう】(生没年未詳、月江)で、その時期は永仁四年(一二九六)以前から元応元年(一三一九)までの約二三年間であるとされる。
 『宴曲撰要目録』は綴葉装冊子本、料紙に厚手の楮紙打紙を用いる。紙質や書風等から南北朝期まで遡れる古写本と認められる。内容は明空による編成順になっており、宴曲集五巻、宴曲抄(上中下)三巻、真曲抄一巻、究百集一巻などの計一六巻、一六一曲名を収録し、さらに編纂時期と作詞・作曲者名を明記している。
 『宴曲』には、坂阿【ばんあ】奥書がある坂阿本と奥書のない無年記本とがある。体裁はともに綴葉装冊子本、料紙に楮紙打紙を用いる。歌詞には墨譜、朱譜、調子点を施すが濁点はない。坂阿(生没年未詳、坂口平三盛勝)は、明空の弟子道阿から宴曲を相伝された人物で、奥書によれば明徳二年(一三九一)から応永元年(一三九四)までの時期に書写したことがうかがえる。明応六年(一四九七)の宗光【そうこう】識語に「此早歌本一部十六帖坂阿博士正本也、殊坂阿自筆判形等分明候也」とあり、宗光は坂阿自筆本を所持していたことが知られる。宗光(生年未詳~一五二三)は、京都府福知山市天寧寺の僧侶で宴曲に優れていたとされ、俗名は大中臣…

関連リンク

宴曲チェックした作品をもとに関連する作品を探す

八雲御抄
古今和歌集〈上下/〉
金葉和歌集(二奏本)
万葉集巻第十八(金沢文庫本)
新古今和歌集(隠岐本)上
ページトップへ