上田市八日堂の蘇民将来符頒布習俗 うえだしようかどうのそみんしょうらいふはんぷしゅうぞく

その他の画像全4枚中4枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

選択年月日:20001225
保護団体名:信濃国分寺、蘇民講
備考:公開日:毎年1月7・8日(※選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
記録:『蘇民…
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

この習俗は、上田市の信濃国分寺境内で開かれる八日堂縁日で、蘇民将来と呼ばれる六角形の木製の護符が頒布されるものである。蘇民将来符は、信濃国分寺と蘇民講の人たちによって製作、頒布され、上田市内をはじめ長野県東北部や北関東方面から訪れる参詣者によって求められ、除災招福を願って家の戸口に吊されたり、神棚などに置かれる。(※解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

上田市八日堂の蘇民将来符頒布習俗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

岩手の蘇民祭
ヘトマト
吾妻のお茶講の習俗
城川遊子谷の神仏講の習俗
飛騨の絵馬市の習俗
ページトップへ