青磁牡丹唐草彫文三足鉢(石菖鉢) せいじぼたんからくさぼりもんみつあしはち(せきしょうばち)

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  陶磁 /  / 日本  九州  佐賀県 

龍泉窯
りゅうせんよう
明時代/15~16世紀
陶器 
高13.3cm  口径30.7cm
1口
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

初代勝茂の御道具で、箱書きに「御石菖鉢」とあり、香爐を石菖鉢に転用したものか。室町時代以降、石菖という草を植えて書院棚や違棚を飾ったのでこう称す。この草は、燃える灯芯の油煙を吸い取り、席中の空気を清める効果があるといわれ、夜咄の茶事の時、後座の床に鉢に胴炭などを組んで石菖を挿し、板を敷いて置かれる。

作品所在地の地図

関連リンク

青磁牡丹唐草彫文三足鉢(石菖鉢)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青磁獅子紐三足香炉
青磁算木文三足香炉
青磁牡丹唐草文瓶
青磁肩衝茶入
青磁肩衝茶入

龍泉窯

青磁陽刻唐花唐草文掛花入
ページトップへ