明三彩盤 みんさんさいばん

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸  陶磁 /  / 日本  九州  佐賀県 

中国・華南
明時代
陶器
口径30.0cm 底径18.9cm 高さ5.8cm/口径30.0cm 高台径19.2cm 高5.3cm
2枚
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

中国華南で焼造された三彩であるが、佐賀の内庫所で編集された御道具帳には「高麗砂鉢」と記される。箱書には「日峯様御霊屋御命日冉 高麗砂鉢 貳箇」とあり、日峯様すなわち佐賀藩祖鍋島直茂の御霊屋で香炉として使用された鉢であることが分かる。一般的な砂鉢は花を挿すために砂を盛った鉄器などの大形水盤で、華道では初期の頃に用いられた。

作品所在地の地図

関連リンク

明三彩盤チェックした作品をもとに関連する作品を探す

井戸大茶碗
色絵椿文輪花大皿
色絵椿文輪花大皿

肥前・岩谷川内藩窯

色絵茶碗 台共
色絵茶碗 台共

肥前・岩谷川内藩窯

山水人物彫竹筆立
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話

西村謙三著、肥前史談会発行

ページトップへ