城のある風景 しろのあるふうけい

その他の画像全4枚中4枚表示

絵画  油彩画 / 明治 / 日本  九州  佐賀県 

百武兼行 (1842-84年)
ひゃくたけかねゆき
明治9年/1876年
油彩、画布 額装
竪40.6cm 横56.1cm (額)竪64.8cm 横80.1cm
1面
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

川辺に二人の人物を配し、船の浮かぶ川向こうには建物が並び遠景には城郭がそびえる。中景から遠景に重なり合う工場や城郭からなる建物群は遠近感が明瞭でなく、水面に映る陰影も固く形式的な処理にとどまっている。作者の百武兼行は明治7年(1874)8月、11代鍋島直大・胤子夫妻に同行しイギリスへ再渡欧した。彼が洋画を本格的に学び始めたのはその翌年のことで、胤子夫人のお相手役として風景画家リチャードソンに師事した。本図左下には「Y.Hiaktake 1876」とあり、年記のあるものでは最も早い時期の作品のひとつである。

作品所在地の地図

関連リンク

城のある風景チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍋島直正像
鍋島直正像

百武兼行

マンドリンを持つ少女
花模様西洋刺繍
花模様西洋刺繍

鍋島胤子

鍋島直大像
鍋島直大像

百武兼行

鍋島直大・胤子夫妻像(イギリスにて)
ページトップへ