茶杓 銘 「鶴の齢」 ちゃしゃく めいつるのよわい

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  その他 / 明治 / 日本  九州  佐賀県 

伊東祐元 (1806-1890年)
いとうゆうげん
明治時代
竹製 
長17.4cm
1体
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

直腰、露は丸形、撓めは丸撓めの茶杓。筒銘「鶴の齢  八十一翁 知足庵」(墨書)。知足庵とは、江戸後期の佐賀藩士、伊東次兵衛(祐元、外記)のこと。請役相談役など佐賀藩の要職を歴任した人物で、幕末期に長崎警備や対外通商などの実務を担った。その一方で宗偏流の茶人でもあり、知足庵の名で茶に親しんだ。

作品所在地の地図

関連リンク

茶杓 銘 「鶴の齢」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

義閑作  茶杓
義閑作 茶杓

水谷義閑

遠州茶杓
遠州茶杓

小堀遠州

万国旌印
万国旌印

佐賀藩御進物方

徴古館開館式式辞
昭和10年代の銅像園
ページトップへ