四国工芸社門 しこくこうげいしゃもん

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 江戸 / 中国・四国 

香川県
江戸/1830-1867
木造、瓦葺、間口3m、両脇袖塀付属
1棟
香川県観音寺市豊浜町和田甲340
登録年月日:20040302
登録有形文化財(建造物)

丸亀藩主宿泊の際の御成門として建造と伝える。屋敷地東方に位置し,南北棟で建つ。反りをつけた切妻造,本瓦葺の四脚門で,懸魚や笈形の彫物,棟瓦などの凝った造りに特色がある。袖塀により前面に台形の広地を設けた豪壮な構えをとることも特徴。

作品所在地の地図

関連リンク

四国工芸社門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

萩原寺大門及び番所
四国工芸社北蔵
和田家住宅勝手口門
長徳寺山門及び塀
信岡家住宅中門及び塀
ページトップへ