萩原寺大門及び番所 はぎわらじおおもんおよびばんしょ

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 中国・四国 

香川県
江戸/1830~1868年
大門 木造、瓦葺、間口3.3m、左右袖塀及び潜戸付 番所 木造平屋建、瓦葺、建築面積18㎡
1棟
香川県観音寺市大野原町萩原字寺上2742-1
登録年月日:20141219
宗教法人萩原寺
登録有形文化財(建造物)

境内西側本坊の客殿正面に位置する。大門は切妻造本瓦葺の四脚門で左右に袖塀を続けて潜戸を開く。ケヤキ造で妻飾の笈型や絵様など要所に濃密な彫刻を施し、時代的特色をよく表す。北方には桁行三間梁間二間の番所を付設する。本坊入口の厳格な雰囲気を醸す。

作品所在地の地図

関連リンク

萩原寺大門及び番所チェックした作品をもとに関連する作品を探す

萩原寺客殿
萩原寺本堂
善寳寺総門
萩原寺南門及び土塀
赤澤家住宅表門
ページトップへ