頭陀寺の鰐口 ずだじのわにぐち

金工 / 鎌倉 / 静岡県 

浜松市
鎌倉時代 文永五年(1268年)/13世紀
青銅
1点
浜松市博物館

鰐口とは、仏堂の正面に吊るして鳴らす音具です。浜松市内には、中世の鰐口が数多く伝えられています。これは、そのうちのひとつで、川勾荘の中核的な寺院であった頭陀寺のものです。文永5年(1268年)。仏堂の正面に吊るして鳴らす音具です。銘文のうち「頭陀寺」の3文字は追刻です。

作品所在地の地図

関連リンク

頭陀寺の鰐口チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銅鰐口
金銅鰐口
銅蝶形磬
鈴釧
観音堂遺跡出土古瀬戸焼の壺
ページトップへ