銅鰐口 どうわにぐち

金工 / 平安 / 長野県 

出土地:長野県松本市宮渕出土
平安時代・長保3年(1001)
銅製
1口
重要文化財

鰐口とは仏堂に吊り下げ、撞き鳴らされる梵音具の一つ。本品は長野県松本市宮渕町より出土したもので、長保三年に極楽寺へ納められたもの。紀年銘のある鰐口としては現存最古で、同時に出土した蝶形磬と併せて梵音具の基準作である。

作品所在地の地図

関連リンク

銅鰐口チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銅蝶形磬
頭陀寺の鰐口
金銅鰐口
銅孔雀文磬
銅製金具
ページトップへ