把手付三足長頸壺 はしゅつきさんそくちょうけいつぼ

土器・土製品類 / その他アジア 

イラン
パルティア後期/後1-3世紀
土器
H.33.3cm
1
岡山市立オリエント美術館

暗色磨研土器の壺です。底部は三足、細長い頸部中央から肩部にかけて把手をもちます。還元雰囲気で炭素を吸着させ暗色に仕上げる、暗色磨研土器では黒色顔料や赤色顔料で彩文を施しても全く目立ちません。そのため器面調整の際、ミガキに強弱をつけパターンを浮き上がらせる暗文という技法でメッセージ性を持たせています。

作品所在地の地図

関連リンク

把手付三足長頸壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

灰陶黒色暗文小壺
壺形土器
人物線刻装飾付子持壺須恵器(伝愛媛県北条市出土)
饕餮文方罍 
緑釉手付瓶/埼玉県大里郡岡部町西浦北遺跡第四号住居跡出土
ページトップへ