白地彩画人物文壺 しろじさいがにんぶつもんこ

陶磁 /

イラン
19世紀
陶器
H.18.7cm
1
岡山市立オリエント美術館

文様の特徴から、強精をほこったサファヴィー朝滅亡後、イラン南西部を支配したザンド朝(1750−1794年)期の所産と考えられる。日常雑器として使用されたのだろうか。

作品所在地の地図

関連リンク

白地彩画人物文壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白地多彩鹿文鉢
白地色絵神獣文鉢
白地色絵神獣文鉢

イラン、レイまたはカシャーン

銀製舟形杯
人物線刻装飾付子持壺須恵器(伝愛媛県北条市出土)
彩陶双耳壺
ページトップへ