鑼(ががり)

その他 / 昭和以降 / 兵庫県 

宮野平次郎(三代)
三木
昭和時代

宮野家は三木の鋸鍛冶の名門である。初代平次郎は江戸の中屋平次郎、会津の中屋助左衛門と並んで三名人といわれた。明治から一貫して大工物専門、それも片刃切、片刃鑼、両刃鋸のみで、穴挽などは製造しなかった。

作品所在地の地図

関連リンク

鑼(ががり)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

両刃鋸
両刃鋸

宮野鉄之助(二代)

播州三木の鍛冶用具と製品
平次郎臓図模写図
鉋刃
鉋刃

石堂秀一

雛段飾り(鍋島栄子所用)
ページトップへ