遊佐家住宅板蔵 ゆさけじゅうたくいたぐら

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 東北 

宮城県
明治/1868-1911
木造平屋建、鉄板葺、建築面積22㎡
1棟
宮城県登米市中田町石森二木121
登録年月日:20060302
登録有形文化財(建造物)

広間の南から渡廊下で接続する。桁行3間,梁間2間規模で,米蔵として用いられた。屋根は切妻造の鉄板葺である。柱を1尺5寸間隔と密に立て,柱の間に横板を落とし込んで外壁としている。北妻面の戸口は板戸と網戸を片引とする。屋敷構えの一要素である。

作品所在地の地図

関連リンク

遊佐家住宅板蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

遊佐家住宅味噌蔵
遊佐家住宅土蔵
遊佐家住宅主屋
板垣家住宅板倉
遊佐家住宅広間
ページトップへ