鮎川家住宅石垣及び石段 あゆかわけじゅうたくいしがきおよびいしだん

その他の画像全3枚中3枚表示

住居建築 / 昭和以降 / 九州 

長崎県
昭和前/1939頃
石垣 石造、延長218m 北石段 石造25段、幅1.7m 南石段 石造14段、幅1.5m
1基
長崎県平戸市田平町山内免字水無742
登録年月日:20081023
登録有形文化財(建造物)

屋敷地の南面は2段に石垣が築かれる。石垣は谷積とし、上が延長84mで高さ0.2~3.2m、下が延長104mで高さは0.3~1.3m。石段側壁は延長30mで、布積や亀甲積とし、意匠に変化を与える。谷間に落ち着きのある外構を構築する。

作品所在地の地図

関連リンク

鮎川家住宅石垣及び石段チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梅ヶ谷津偕楽園石塀及び石段
寶福寺秋葉宮石垣及び玉垣
明石寺石垣及び塀
大曲公家住宅石段及び石垣
龍乗院石段及び石垣
ページトップへ