明石寺石段及び石垣 めいせきじいしだんおよびいしがき

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 大正 / 中国・四国 

愛媛県
大正/1916・1912-1925/1926-1988増設
石段 石造43段、幅3.7m、石垣 石造、総延長65m
1所
愛媛県西予市宇和町明石205他
登録年月日:20071002
登録有形文化財(建造物)

石段は幅3.6m、踊場を設けた43段から成り、仁王門の前に至る。御影石の切石を用い、階段曲線部は3石を継ぎ、直線部は1石で1段とする。石垣は境内中段の平地を造成。野面石を用いた乱積で、西側の一部は矢羽積。傾斜地を利用した境内景観をつくる。

作品所在地の地図

関連リンク

明石寺石段及び石垣チェックした作品をもとに関連する作品を探す

明石寺石垣及び塀
寶福寺秋葉宮石垣及び玉垣
鮎川家住宅石垣及び石段
龍乗院石段及び石垣
明石寺仁王門
ページトップへ