明石寺石垣及び塀 めいせきじいしがきおよびへい

宗教建築 / 昭和以降 / 中国・四国 

愛媛県
昭和前/1930
石垣 石造、総延長73m、石段付 塀 石造、総延長63m
1所
愛媛県西予市宇和町明石205他
登録年月日:20071002
登録有形文化財(建造物)

本堂のある最上段の敷地を形成する。石垣は高さ3.8m、石段付。積み方は打込矧ぎの乱積で、出隅部は算木積で反りを付ける。石垣上の塀は鉄筋コンクリート造で擬宝珠高欄状に造り、柱間の花頭窓風に透かした意匠が特徴的。

作品所在地の地図

関連リンク

明石寺石垣及び塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

明石寺石段及び石垣
寶福寺開山堂石垣及び土塀
寶福寺秋葉宮石垣及び玉垣
山田家住宅石垣及び煉瓦塀
明石寺手水舎
ページトップへ