大島畠田遺跡 おおしまはたけだいせき

史跡 / 九州 

宮崎県
都城市金田町
指定年月日:20020319
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

大島畠田遺跡は,宮崎県東南部の都城盆地にある平安時代の有力者層の居宅跡である。盆地の主要河川である大淀川とその支流庄内川の合流点付近の氾濫源に面した比高1.5mの河岸段丘縁辺に立地する。平成10年度・11年度に緑資源公団による圃場整備事業に伴い,宮崎県埋蔵文化財センターが発掘調査を実施したところ,貴重な遺跡であることが判明したため,遺跡地を事業対象から除外して現状保存を図ることとなった。
 居宅跡は、東西約70m,南北80m以上の規模をもつ。西辺は氾濫原に接する段丘崖,東辺は自然地形である東西30m・南北40m,深さ1m内外の大きな窪みが区画となる。南辺は溝や柵などの区画施設があり,これに門が取り付く。北辺は調査範囲内では不明である。遺構には掘立柱建物35棟のほか,池状遺構・溝・門などがある。遺構は建物や柵などの方向からみて,4から5時期に分かれるものと考えられる。主屋は大型の南北棟の掘立柱建物で,桁行5間・梁間2間の身舎に四面廂が付き,さらにその外側に縁あるいは軒に伴うと推定される小さな柱穴がある。身舎と廂の平面積は183m2となる大型建物であるが,その外側の柱まで含めると約250m2となる。この主屋の南側に池状遺構がある。この遺構は当初不整形の窪みが掘られた後,幅2.5mの「コ」の字状の溝が掘り直され,その中央が1辺約7.5mの中島状となる。そこには大型の柱掘形をもつ1間四方の掘立柱建物が配置されている。この建物は主屋と方位を同じくし,同時に存在したものと考えられる。これらのほかにも桁行2間から4間の掘立柱建物が数多く存在する。遺跡の南側は地形が低くな…

作品所在地の地図

関連リンク

大島畠田遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

久米官衙遺跡群 <BR/> 久米官衙遺跡 <BR/> 来住廃寺跡
日向国府跡
大ノ瀬官衙遺跡
東山官衙遺跡
上神主・茂原官衙遺跡
ページトップへ