大和三山
 香具山
 畝傍山
 耳成山
やまとさんざん
 かぐやま
 うねびやま
 みみなしやま

名勝 / 近畿 

奈良県
橿原市
指定年月日:20050714
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

大和三山は奈良盆地の南部に位置し、香具山(152.4m)、畝傍山(199.2m)、耳成山(139.7m)の3つの独立小丘陵から成る。香具山は多武峰から北西に延びる支稜線が浸食により切り離され、独立丘陵として残存したもので、畝傍山と耳成山はそれぞれ沖積盆地底に位置する円錐形のいわゆる死火山である。
3つの山は古来、有力氏族の祖神や産土神など、この地方に住み着いた神々が鎮まる山として神聖視され、その頂部や麓に『日本書紀』に記す天香具山社、『延喜式』の式内社である畝火山口坐神社、耳成山口神社などが祀られてきた。
また、高市皇子(654〜696)の香具山宮や推古天皇(554〜628)の耳梨行宮など皇宮の造営地ともされ、特に『万葉集』の「藤原宮の御井の歌」と呼ばれる有名な長歌からは、694年に持統天皇(645〜702)が造営した藤原宮は大和三山に囲まれた平地に位置したことが知られる。『続日本紀』に記す和銅元年(708)の「平城遷都詔」によると、平城宮では「叶四禽図、三山作鎮」土地が選地の条件とされたことから、藤原宮の造営に当たっても東・西・北の三方にそれぞれ香具山・畝傍山・耳成山が位置する立地条件が宮都を営む上での重要な条件とされたことが想定できる。
大和三山を詠んだ和歌は多く、特に『万葉集』には中大兄皇子や柿本人麻呂の和歌をはじめ、持統天皇の「春過ぎて夏来るらし 白たへの衣ほしたり 天の香具山」など有名な和歌が多数収められている。『万葉集』のみならず『古今和歌集』や『新古今和歌集』など後続の勅撰和歌集にも大和三山を詠った和歌が数多く見られ、大…

作品所在地の地図

関連リンク

大和三山
 香具山
 畝傍山
 耳成山
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

藤原宮跡
天香具山蒔絵鏡台
藤原京跡<BR/> 朱雀大路跡<BR/> 左京七条一・二坊跡<BR/> 右京七条一坊跡
新古今和歌集竟宴和歌
熊野懐紙
熊野懐紙

飛鳥井雅経筆

ページトップへ